わきが治療について

わきがとは、脇から特有の臭いがする症状であり、病気ではなく体質によるものです。ここでは、美容皮膚科で行うわきが治療について、ご説明します。

まず、ボトックス注射です。軽度の方に有効とされており、ボツリヌストキシンと言う成分を脇に注入します。次に、レーザー治療です。わきがの臭いの発生元となるアポクリン腺やエクリン腺にレーザーを当て、汗腺を刺激します。複数回の通院が必要となる電気凝固法では、脇の毛根に微弱の電流を流して毛根を固まらせ、脇毛やアポクリン腺、皮脂腺を刺激します。大阪の美容皮膚科ではボトックス注射とレーザー治療を実際に行っていて、どちらも切らずに施術が可能なうえに日帰りで手軽に行えることで人気があります。

メスを使う直視下手術法では、切除法と剪除法の2種類があり、切除法では臭いの発生元となるアポクリン腺を取り除く為に、脇の皮膚を切り取ります。重度の方向けで、再発も低いと評判です。剪除法では、ハサミのような専用の器具を使用し、アポクリン腺や皮脂腺を除去します。非直視下手術法では、専用機械を使用してアポクリン腺を掻き出す皮下組織削除法や、吸引機でアポクリン腺を吸引する皮下組織吸引法などがあります。

わきがの治療法は、程度によって異なります。自己判断はせず、自分の症状がどの程度のものなのか、どういった治療が効果的なのかをドクターとよく相談し、決めるようにします。